◆福岡給湯器大問屋は、給湯器の交換工事を承っています。 ◆リンナイ・ノーリツ・パロマなど有名メーカーの給湯器が激安価格。 ◆無料出張下見・無料見積り。

給湯器の故障のサインについて

給湯器は外に設置されることが多いため、凍結が起こる寒い季節や雨の多い季節などは、故障が増える時期です。急に給湯器が壊れてしまった時、お湯が出ない、お風呂に入れないとなった時、特にそれが冬場であれば慌ててしまいます。給湯器を使う機会が多く、工事が込み合う時期は、すぐに修理や交換ができないといったケースもあることでしょう。
故障のサインを知っていれば、交換の目安を知ることができます。そうすれば、余裕をもって給湯器を選んだり、見積もりをとったりすることができるのではないでしょうか。

お使いの給湯器にこんな症状はありませんか?

これらの症状は…、取替えのサイン!

給湯器の交換時期はどのぐらい?

給湯器の耐用年数は、10~15年程度といわれています。耐用年数を過ぎた給湯器をそのままお使いになっていると、水漏れ・異臭・騒音がしてくることもあります。あまり使っていなくても、経年劣化から故障が起こるため、15年程度で壊れてしまうケースが多いようです。同じ給湯器を10年以上お使いの方は、いつ故障してもおかしくない状態と考え、交換の準備をしておくのが良いかも知れません。気になる症状が出る場合は、完全に壊れてしまう前の取替をお勧めします。

給湯器の設計標準使用期間は多くのメーカーが10年としています。10年を経過し、生産が終了すると、部品の入手が困難になってきます。部品には保有期限があります。10年以上経過した給湯器を修理する場合、部品交換が必要な故障だと、費用が高額になってしまう事があります。また、経年劣化による重大事故の防止の観点から、修理できないケースもあるようです。
そのため、10年を経過した給湯器が故障した時は、修理より新しく交換した方が安く済むこともあります。

給湯器のエラーコードについて

給湯器のリモコンにエラーコードが表示されることがあります。このエラーコードは、給湯器の故障の内容を表すサインです。エラーコードが表示された場合、下記リンクより確認できます。

 リンナイ給湯器のエラーコードはこちら

 ノーリツ給湯器のエラーコードはこちら

 パロマ給湯器のエラーコードはこちら

福岡エリア(九州地方)施工対応地域