井戸水対応の給湯器を選ぶときのポイントとは

井戸水対応の給湯器を選ぶときのポイントとは

水道水用に作られていることが多い

基本的に給湯器は水道水を使用する家庭が多いため、水道水用に作られているのが一般的です。
しかし、井戸水を使いたいという人もいるのではないでしょうか。
水道水用に作られた給湯器で井戸水を使用すると故障の原因になるため、使わないようにしてください。
メーカーからも井戸水を使用してはいけないとの注意が呼び掛けられています。
なぜ、井戸水が故障の原因になるかというと、水道水と成分が異なるからです。
ろ過されていない水がパイプ内で固まると詰まったり、内部を破損させる恐れがあります。
また、銅で作られているパイプは酸を含む井戸水によって錆、腐食し、破れることもあるのです。
給湯器の交換だけでなく、パイプまで交換が必要になると修理費も高額です。
どうしても使いたい、地下水を汲み上げて生活しているという場合は、井戸水に対応した給湯器を選びましょう。

間違えて選ばないように注意しよう

なかなか見かけないかもしれませんが、井戸水に対応した給湯器も販売しています。
特徴はパイプがステンレスで作られていることです。
銅よりも腐食しにくく、酸を含む水でも破損を防げるように作られています。
間違えないように選ぶ際のポイントを知っておきましょう。
ポイントの一つは井戸水の対応表記があるものを選ぶことです。
通常は対応していないため、対応表記がないものは選ばないようにしてください。
また、耐硬水仕様となっているものもあります。
一つ一つの製品を調べるのは大変なため、ネット上で探すときには「井戸水」や「硬水」などというキーワードを用いて検索するのもポイントです。
自力では探せない、探し方がわからないという場合には、専門業者に相談するといいでしょう。
見積もり時に伝えておくと井戸水対応の製品を提案してくれるはずです。
このように、選ぶ際のポイントがありますが、注意すべきポイントもあります。
それは、井戸水対応のパイプも全く影響を受けないわけではないという点です。
使っていると徐々に劣化していきます。
一般的な給湯器よりも長持ちはしますが、劣化症状が現れた時には新しく交換することをお勧めします。

1DAYリフォーム豆知識コラム 給湯器
もっと見る

大問屋が選ばれ続ける理由

  • 信頼と安心の規模感 信頼と安心の規模感

    創業35年グループ年商500億
    地域密着型の実店舗展開

  • 豊富な施工実績と高いお客様満足度 豊富な施工実績と高いお客様満足度

    累計18万件を超える施工実績

  • 経験豊富なプロ集団 経験豊富なプロ集団

    営業・見積もり・施工を一人3役でこなすことにより
    コストと時間を大幅にカット

  • 充実のアフターサービス 充実のアフターサービス

    工事保証、商品保証最大10年

下見/お見積り無料 お気軽にご相談ください

最短即日で駆けつけます

電話番号付近をタップすると電話がかけられます 受付時間 9時〜18時 18時以降は総合ダイヤルへ 0120-250-108

関東(東京・千葉・埼玉・神奈川・栃木)
東海(愛知・三重・岐阜・静岡)
関西・中国(大阪・兵庫・岡山)
九州全域

お電話の前に、現在ご使用されている
給湯器の型式や型番のご確認をお願いいたします。

給湯器本体の前面のシールに、型式や型番の記載があります。
関東エリア
エリア/都道府県を選択してください