温度が安定しない給湯器の対処法とは

温度が安定しない給湯器の対処法とは

なぜお湯が安定しない?

お湯の温度が安定しない場合、給湯器に不具合を疑う人が多いでしょう。
故障すると温度が不安定になりますが、それ以外にもいくつかの原因があります。
例えば、冷水サンドイッチ現象が起きていることです。
これは、お湯を出して止め、再び出すときに起こる現象のことです。
バーナーで燃焼するよりも早く水が出てきてしまうと冷水サンドイッチ現象が起きます。
お湯、水、お湯の順番で出てくるため、温度が安定しないように思えますが、適温になるまで出しっぱなしにすることで解決するため、給湯器の故障ではありません。
水圧の変化も原因の一つです。
自宅内に洗面所やキッチンなど水回りの設備がいくつかありますが、複数箇所で同時にお湯を使用すると水圧が変化します。
変化すると、湯量と水量のバランスが変わるため温度に影響を与えてしまうのです。
特に号数の給湯器は影響を受けやすいため、家族の人数が多い家庭は合数を大きくすると解決します。

故障しているケース

給湯器ではなく混合栓の故障が起きている可能性も考えられます。
温度調整ユニットという部品があり、これに不具合が起きると調整ができなくなってしまうのです。
この時の対処法は部品交換です。
不具合のあるものを新しくすることで温度が安定します。
どこに不具合が起きているのかわからなければ専門業者に相談をしてください。
他にもガスメーターが故障していることで不安定になるケースも少なくありません。
温度を高くしたときに失火したり、燃焼後にすぐ失火する場合はガスメーターを疑いましょう。
ガス供給がうまくできていないことが原因であるため、ガス会社に修理をしてもらう必要があります。
このように、温度が安定しない原因はいくつかあり、それぞれ適切な対処法が異なります。
給湯器本体の故障以外にも原因があるため、しっかりと確認した上で対処しましょう。
しかし、パーツだけの交換で済むのか、交換以外の方法があるのかなど自身で判断ができなかったり、専門知識がないと対処できないこともあるため、給湯器の専門業者に相談することをお勧めします。

1DAYリフォーム豆知識コラム 給湯器
もっと見る

大問屋が選ばれ続ける理由

  • 信頼と安心の規模感 信頼と安心の規模感

    創業35年グループ年商353億
    地域密着型の実店舗展開

  • 豊富な施工実績と高いお客様満足度 豊富な施工実績と高いお客様満足度

    累計14万件を超える施工実績

  • 経験豊富なプロ集団 経験豊富なプロ集団

    営業・見積もり・施工を一人3役でこなすことにより
    コストと時間を大幅にカット

  • 充実のアフターサービス 充実のアフターサービス

    工事保証、商品保証最大10年

下見/お見積り無料 お気軽にご相談ください

最短即日で駆けつけます

電話番号付近をタップすると電話がかけられます 受付時間 9時〜18時 18時以降は総合ダイヤルへ 0120-250-108

関東(東京・千葉・埼玉・神奈川・栃木)
東海(愛知・三重・岐阜・静岡)
関西・中国(大阪・兵庫・岡山)
九州全域

お電話の前に、現在ご使用されている
給湯器の型式や型番のご確認をお願いいたします。

給湯器本体の前面のシールに、型式や型番の記載があります。

全国に店舗 !

関東エリア
東海エリア
近畿エリア
九州エリア