給湯器が雨の日に調子がわるい理由とは

《天候がわるい時だけ不具合が起きる原因》

給湯器は一生使える設備ではないため、使い続けている内に不具合が発生し、いずれ寿命を迎えます。
寿命が近くなれば不具合が続くでしょう。
しかし、ある特定のタイミングの時だけ調子がわるいという場合もあります。
例えば、雨の日です。
天候がわるい日になると稼働が不安定になるというトラブルは、よく起こることではありませんが、実際に起きている家庭もあります。
雨の日に調子が悪くなる原因は、給湯器内部の雨漏りです。
隙間に水が入り込んで不具合を起こしている可能性が考えられます。
また、湿気が高くなるのも原因の一つです。
水や湿気が入るとうまく燃焼できなくなり、調子が悪くなります。
最近の給湯器は機能性だけでなく、簡単に壊れないようなつくりのものが増えてきているため、水などが入り込まない構造になっているのです。しかし、古い給湯器を使っている家庭は、このような原因によって問題が発生している可能性があります。
最新のものに買い換えることも検討してみてはいかがでしょうか。

《衝撃によって穴があいている可能性もある》

内部が腐食していたり機器不良によって、穴があいていると水や湿気が入りやすくなります。
外部から強い衝撃が加わることで穴があくこともあるため、傷ついている部分がないかチェックしてみてください。
不良品である可能性も考えられるため、一度修理業者に相談してみてください。
製造元のミスであれば修理や交換などに対応してくれるでしょう。
使っている中で強い衝撃により破損した場合は、お金はかかりますが交換が必要になるかもしれません。
いつまでも雨の日になると調子がわるいとストレスがたまります。
お湯は日常生活に欠かせないものであるため、放置せずに早い段階で業者に相談してみてはいかがでしょうか。
地面に湿気が篭らないように工夫をすることは問題ありませんが、お金をかけないために自分で内部を点検したり、修理したりすることはやめてください。
なぜなら給湯器を扱うためには資格が必要だからです。
ガス器具に素人が下手に手を出すと爆発事故など大きなトラブルに発展する危険性があるため、必ず業者に依頼しましょう。

1DAYリフォーム豆知識コラム 給湯器
もっと見る

大問屋が選ばれ続ける理由

  • 信頼と安心の規模感 信頼と安心の規模感

    創業35年グループ年商353億
    地域密着型の実店舗展開

  • 豊富な施工実績と高いお客様満足度 豊富な施工実績と高いお客様満足度

    累計14万件を超える施工実績

  • 経験豊富なプロ集団 経験豊富なプロ集団

    営業・見積もり・施工を一人3役でこなすことにより
    コストと時間を大幅にカット

  • 充実のアフターサービス 充実のアフターサービス

    工事保証、商品保証最大10年

下見/お見積り無料 お気軽にご相談ください

最短即日で駆けつけます

電話番号付近をタップすると電話がかけられます 受付時間 9時〜18時 18時以降は総合ダイヤルへ 0120-250-108

関東(東京・千葉・埼玉・神奈川・栃木)
東海(愛知・三重・岐阜・静岡)
関西・中国(大阪・兵庫・岡山)
九州全域

お電話の前に、現在ご使用されている
給湯器の型式や型番のご確認をお願いいたします。

給湯器本体の前面のシールに、型式や型番の記載があります。

全国に店舗 !

関東エリア
東海エリア
近畿エリア
九州エリア