給湯器の熱源による違いとは

《主な種類とは》

給湯器には様々な種類があります。
お湯を出す設備には違いがありませんが、お湯を沸かす熱源によって種類が違うのです。
多くの人は熱源などの知識がないため、人気の給湯器を選んだり、業者からお勧めされたものを選んだりすることが多いです。
熱源が違うだけで使いやすさが異なるため、後悔することがないように基本的な知識は身に付けておくことをおすすめします。
最も一般的なのはガス給湯器です。
名前の通り熱源はガスで、必要な時に必要な分だけ直接水を温めてお湯を作っています。
使用するときにお湯を作ると、お湯切れが起きることもなく水圧が高くて使いやすいのが魅力です。
また、本体もコンパクトなため、取り入れている家庭が多いです。
しかし、ランニングコストが高い傾向にあります。
最近では、排熱を使って燃焼効率を上げるものも発売されており、この仕組みが採用されているものはランニングコストを抑えられるため、購入時はエコジョーズなども検討してみてください。

《電気タイプの特徴》

電気給湯器の熱源は電気です。
電気の力を利用してタンクにお湯を溜めていきます。
ガスタイプよりも寿命が長く、電気代が安くなる夜間にお湯を溜める仕組みのため、ランニングコストも抑えることが可能です。
また、災害時はガス給湯器が使えなくなりますが、タンクに溜めて使う電気タイプは災害時もお湯が出ます。
しかし、お湯を溜めるタンクの設置にはある程度のスペースが必要です。
マンションなどではスペースの問題で設置ができないケースもあります。
さらに、お湯を溜められる量が決まっており、全てを使い切ると再び溜めて温めなければなりません。
沸くまで温度が低くなるため、家族の人数などから適切なタンク容量を選ぶことが失敗しないポイントです。
石油を熱源とするものもあります。
灯油を使って温めるタイプはパワーが強いため、北海道など雪が降る地域に多く取り入れられています。
ガスタイプにある機能は石油給湯器にもほとんど備えられており、使用の違いはほとんど感じられないでしょう。
しかし、灯油の臭いが苦手な人は気になるかもしれません。
このようにお湯の作り方によってそれぞれ特徴が異なります。
自身の生活に合うものを選んでみてください。

1DAYリフォーム豆知識コラム 給湯器
もっと見る

大問屋が選ばれ続ける理由

  • 信頼と安心の規模感 信頼と安心の規模感

    創業35年グループ年商353億
    地域密着型の実店舗展開

  • 豊富な施工実績と高いお客様満足度 豊富な施工実績と高いお客様満足度

    累計14万件を超える施工実績

  • 経験豊富なプロ集団 経験豊富なプロ集団

    営業・見積もり・施工を一人3役でこなすことにより
    コストと時間を大幅にカット

  • 充実のアフターサービス 充実のアフターサービス

    工事保証、商品保証最大10年

下見/お見積り無料 お気軽にご相談ください

最短即日で駆けつけます

電話番号付近をタップすると電話がかけられます 受付時間 9時〜18時 18時以降は総合ダイヤルへ 0120-250-108

関東(東京・千葉・埼玉・神奈川・栃木)
東海(愛知・三重・岐阜・静岡)
関西・中国(大阪・兵庫・岡山)
九州全域

お電話の前に、現在ご使用されている
給湯器の型式や型番のご確認をお願いいたします。

給湯器本体の前面のシールに、型式や型番の記載があります。

全国に店舗 !

関東エリア
東海エリア
近畿エリア
九州エリア