給湯器の給水バルブを交換するときとは

給湯器の給水バルブを交換するときとは

給湯器に欠かせない給水バルブとは?

給湯器から水漏れが起きたときは、給水バルブを閉めましょう。
日常生活では聞き馴染みのない言葉ですが、給水バルブは給湯器に欠かせない部分です。
水を止めたり、量を調節するなど大切な役割を担っており、給湯器から水漏れが起きたときは給水バルブを閉めることで一時的に水の流れを止めることができるのです。
しかし、給水バルブにも不具合が起きることがあります。
蛇口から赤い水が出たり、お湯が止まらないなどの症状があったときは給水バルブの交換が必要です。
赤い水の原因は、給水バルブに付着した錆です。
何年も同じバルブを使っていると、内部が腐ったり錆びてしまいます。
特に腐食が進むと水の流れを止めることができなくなり、無駄に水道代がかかってしまうため注意しましょう。

交換作業は業者に依頼しよう

バルブには様々な種類がありますが、一般家庭でよく見るのは単水栓と湯水混合水洗の2種類です。
単水栓は給水管や給湯管などのパイプをつなげ、水もしくはお湯のどちらかを出したり止めることができます。
水とお湯が混ざることはありません。
湯水混合水洗は単水栓とは異なり、水とお湯を混ぜて出すことができます。
現在では、湯水混合水洗が用いられていることが多く、湯水混合水洗の中でも2ハンドルやシングルレバー、サーモスタットなど種類があります。
このようにバルブにも種類があり、交換方法がそれぞれ異なるため、知識がないと適切に交換ができないケースも少なくありません。
交換方法がわからない場合は、自力で修理しようとせずに専門業者に依頼することが大切です。
自分で修理したことが原因で水漏れが悪化するとその分、修理費が高くなるかもしれません。
また、マンションやアパートなどの集合住宅で水漏れが発生すると隣のお部屋や下の階に住む人にまで迷惑をかける恐れがあります。
損害賠償を支払うことになったり、住人と関係性が悪くなると住みにくくもなってしまいます。
被害が拡大しないようにバルブが故障したときは、すぐに業者を呼びましょう。
水漏れの原因がわからない場合も業者に相談すると安心です。

1DAYリフォーム豆知識コラム 給湯器
もっと見る

大問屋が選ばれ続ける理由

  • 信頼と安心の規模感 信頼と安心の規模感

    創業36年グループ年商500億
    地域密着型の実店舗展開

  • 豊富な施工実績と高いお客様満足度 豊富な施工実績と高いお客様満足度

    累計18万件を超える施工実績

  • 経験豊富なプロ集団 経験豊富なプロ集団

    営業・見積もり・施工を一人3役でこなすことにより
    コストと時間を大幅にカット

  • 充実のアフターサービス 充実のアフターサービス

    工事保証、商品保証最大10年

下見/お見積り無料 お気軽にご相談ください

最短即日で駆けつけます

電話番号付近をタップすると電話がかけられます 受付時間 9時〜18時 18時以降は総合ダイヤルへ 0120-250-108

関東(東京・千葉・埼玉・神奈川・栃木)
東海(愛知・三重・岐阜・静岡)
関西・中国(大阪・兵庫・岡山)
九州全域

お電話の前に、現在ご使用されている
給湯器の型式や型番のご確認をお願いいたします。

給湯器本体の前面のシールに、型式や型番の記載があります。
関東エリア
エリア/都道府県を選択してください