給湯器が点火しない時の対処法とは

《お湯が出ない時は》

給湯器が点火せず、困っている家庭もあるのではないでしょうか。
現代の給湯器は簡単に壊れることはありませんが、不具合が起きることがあります。
給湯器が作動しないとお湯が使えなくなり、生活に支障をきたすため一刻も早く改善したいでしょう。
点火しない時の対処法がありますが、まずは原因を特定することから始めてください。
原因は主に4つあります。
1つはイグナイターという着火する部品が劣化したり、湿っているなどといった理由で着火不良が起きていることです。
制御基板が故障している可能性も考えられます。
2つ目はガスが供給されていないトラブルです。
通常、ガスが送られてくることで点火するように作られていますが、何らかのトラブルにより供給されていない場合があります。
3つ目は水が流れていないことです。
水が流れると点火する仕組みですが、断水や給水バブルが閉まっていたり水抜き栓が詰まっていると供給が止まります。
4つ目は落雷です。
安全装置が作動し、自動的に止まることがあります。
これらに当てはまるかどうか確認してみてください。

《原因によって異なる直し方》

点火しない時は業者に相談すると安心ですが、自分でもできる対処法があります。
まずはリモコンの画面に表示されているエラーコードを確認してください。
エラーコードから不具合の内容を知ることができます。
取扱説明書やメーカーのHPを見るとエラーコードの内容や対処法が確認できるはずです。
また、火災などの危険性があるため電源を切ってください。
ガスの臭いがする場合は、すぐに業者に連絡をしましょう。
臭いがしない時は、電源を入れ直すと改善することがあります。
配管の凍結により点火しない場合は、凍った部分を溶かすと効果的です。
しかし、お湯をかける場所が悪いと故障したり、ドライヤーを当てると劣化する恐れがあるため、自然解凍をしてください。
イグナイターに原因がある場合は修理が必要です。
劣化、故障している部品を交換すると改善しますが自力で修理できない場合は業者に依頼すると安心です。
このように、原因によって対処法が異なります。
間違った対処法を行わないように必ず原因を特定した上で対処することが大切です。

1DAYリフォーム豆知識コラム 給湯器
もっと見る

大問屋が選ばれ続ける理由

  • 信頼と安心の規模感 信頼と安心の規模感

    創業35年グループ年商353億
    地域密着型の実店舗展開

  • 豊富な施工実績と高いお客様満足度 豊富な施工実績と高いお客様満足度

    累計14万件を超える施工実績

  • 経験豊富なプロ集団 経験豊富なプロ集団

    営業・見積もり・施工を一人3役でこなすことにより
    コストと時間を大幅にカット

  • 充実のアフターサービス 充実のアフターサービス

    工事保証、商品保証最大10年

下見/お見積り無料 お気軽にご相談ください

最短即日で駆けつけます

電話番号付近をタップすると電話がかけられます 受付時間 9時〜18時 18時以降は総合ダイヤルへ 0120-250-108

関東(東京・千葉・埼玉・神奈川・栃木)
東海(愛知・三重・岐阜・静岡)
関西・中国(大阪・兵庫・岡山)
九州全域

お電話の前に、現在ご使用されている
給湯器の型式や型番のご確認をお願いいたします。

給湯器本体の前面のシールに、型式や型番の記載があります。

全国に店舗 !

関東エリア
東海エリア
近畿エリア
九州エリア